話題のケトンダイエット ケトン食で糖質代謝向上!

ケトン食とは?

ケトンダイエットとは?

ケトンダイエット(ケトジェニックダイエット)とは、食事療法の一つで、摂取エネルギーの60~90%を脂肪で摂るというもの。

糖・炭水化物の摂取を極端に減らすことにより、体内でエネルギー源として通常使われている糖が枯渇し、代わりに脂肪が分解されてケトン体が生じ、これをエネルギー源として利用する。

小児の難治性てんかんに有効であるとされて欧米で普及した。

炭水化物、特に糖質の摂取を極力抑え、前述のケトン体の生産を促し、脂肪燃焼によるエネルギー生産のサイクルへと体質返還を促すのがケトンダイエット(ケトジェニックダイエット)と言います。

食べないダイエットでは無く 食べるダイエットといて注目されています。

注目度のアップに伴い、ケトンダイエットを促す各種補助食品や解説本などが数多く世に出回るようになりました。

ケトンダイエットを成功に導く、ココナッツオイルの驚くべき薬効

ココナッツオイルの驚くべき効能
人類を救済し続けて来たココヤシは、長い歴史に中で永続的尊敬をあつめる植物として現代に伝えられ、使用されています。
ココヤシの若い葉のやわらかい部分はすりつぶして、傷の止血剤に使ったり、根は利尿剤や解熱用にも使われています。

一方、栄養学的には、胚乳に含まれているヒスチジン、アルギニン、リシン、チロシン、アラニン等のアミノ酸群、抽出したココナッツオイルは、50%にも及ぶ中鎖脂肪酸であるラウリン酸でしめられ、その効用には驚くべきものがあります。

免疫力を高める作用
免疫力を高める抵抗力をほとんど持たずに生まれてくる赤ちゃんが健やかに生活できるのは、実はお母さんの母乳です。
母乳に含まれているラウリン酸には、免疫力を高めて細胞を強くするという働きがあります。優しい母の手に抱かれて母乳を飲む穏やかな姿。 そこには我が子を守る、大きな母の愛があふれています。

ココナッツオイルの驚くべき免疫力を高める力は、このラウリン酸が豊富に含まれていることによります。
今「自衛」という言葉をよく聞くようになりました。人の体においても、自らの力で自らの体を守る、まさに「自衛」の手助けをラウリン酸がしてくれているのです。ココナッツオイルのラウリン酸の含有量は50%と、奇跡とも言えるほどの数字です。母乳中の含有量は7%、その他の植物で、ラウリン酸が含まれているものではノニが約0.2%、どくだみで0.005%以下ですからココナッツオイルがいかにラウリン酸が豊富かということがわかります。ほかの食品ではこれだけのラウリン酸はとうてい摂取することは不可能です。

抹消血流促進作用
抹消血流促進ビタミンE群は大きくは二つに分類されています。
その一つはトコフェロールとトコトリエノールです。私たちが通常ビタミンEと言っているのは、このトコフェロールのことです。
ビタミンEは体内ではそのほとんどが生体膜中に存在し、生理作用として生殖に必要なことは比較的よく知られています。その抗酸化力があることから、食品中の防腐剤として使用したり、また体内においては、活性酸素から細胞膜を保護する役目等に役立っています。

一方のトコトリエノールについての研究はその歴史が浅く、トコフェロールの陰にかくれて多くの研究論文が公開されていませんでした。
ところが、熱帯で栽培されているココヤシの果実の油分の中にα(アルファ)トコトリエノールが多く含まれていることを、公的機関の分析結果から発見いたしました。このα(アルファ)トコトリエノールは末梢血流の改善や、血小板凝集抑制、また粘着能を抑制し、血管壁を強化し、抗癌作用も強く、能動脈硬化の予防や老化の予防と言う血液や退行性病変に対する対抗物質として、盛んな研究が始まっています。
このココナッツオイルは、常温自然分離方法で摘出されるめ、熱による消滅がなく、自然の形でα(アルファ)トコトリエノールを取り出すことができました。

強い抗菌作用
抗菌作用抗生物質は20世紀に発見された奇跡です。しかし、新種のバクテリアには効きません。
今日人々は40年前にはもう地球上から絶滅したと思われていた病気で苦しんだり、あるいは命を落としたりしています。その疾患は感染症です。結核や強力な肺炎、あるいは性関係によってもたらされる各種の性病。これらは既存の抗生物質は効かずその菌力は強くなって戻ってきました。アメリカでは癌、心臓病についで3番目の死亡原因になっています。いまや地球全体の脅威にまでなりつつあります。

ノーベル賞受賞者、ジョンシュアレダーバーグ博士は、その著書の中で「人類はこれほどまでに感染症に対して無防備だった事はかつてない」と言っています。薬がバクテリア感染の重要な防御策であるように、この中鎖脂肪酸であるラウリン酸を毎日食べることでラウリン酸が唾液に含まれている酵素により、極小モノラウリンへと変化します。モノラウリン酸は腸内細菌のバランスを保つ上で重要な役割を果たしています。
また、胃潰瘍の原因の一つであるヘリコバクター・ピロリ菌に有効に作用し胃の粘膜保護にも役立ちます。

新陳代謝促進作用
代謝促進ラウリン酸を多量に含むココナッツオイル中鎖脂肪酸は、消化吸収が早いだけでなく肝臓に運ばれすばやく分解され、エネルギーとして使用されるため体脂肪になりにくいのが特徴です。しかもその新陳代謝の促進能力は、中鎖脂肪酸の中でも「カプリル酸」と「カプリン酸」は筋肉の大きさを変えずに脂肪の燃焼を促進します。不飽和オイルのように血小板に粘着しないので血液を固める事がありません。このような作用により内臓脂肪やコレステロールも効果的に減らし、退行性の病気などには安全に活用されていると報告されています。

当社のココナッツオイルが選ばれる理由

当社のココナッツオイル当社のココナッツオイルがお客様に選ばれる理由は、農薬を使わない農園で有機栽培、収穫・乾燥された原料を原産地で素早くプレス。SGSよりFCCS 22000,HACCP,GMPを認証された工場で精製をいるから。
さらに、常温で固形化するココナッツオイルを国内で最も長くパッケージングしてきた工場にてNASA規格クラス10,000のクリーンルームで自動充填を行っているからです。

天然100%の食用やし油
天然100%のココナッツオイルは23度前後で固形になります。バターのようなペーストにしたり、製氷皿でキューブにしたりと、これまでの植物オイルの枠を超えて料理のアイデアが展開できます。
料理にも使いやすい無臭タイプ
ココナッツオイルは植物油であるにもかかわらず、美味しいお料理やパン作りには不可欠なバターやラードのように食感を高めてくれる脂肪酸が多く含まれています。毎日の料理がより簡単で、より美味しくなります
熱や酸化に強い!
ココナッツオイルは非常に酸化しにくい脂肪酸で構成されています。調理で加熱しても酸化による劣化がほとんどおこりません。からだの酸化に気をつけている方には最適の健康オイルです。
中鎖脂肪酸が60%以上
ココナッツオイルには中鎖脂肪酸がたっぷり。その他のオイルとは全く違う代謝経路をたどります。からだにたまらずおなかにもたれにくい脂肪酸です。
ケトン食に最適の植物オイル
糖質中心の食生活が見直され、より脂肪を燃やしやすい食事=ケトン食への注目が高まっています。その基本は糖質代謝を高める脂肪を正しく摂取すること。ココナッツオイルはケトン食に最適の植物オイルです。

Copyright © BESTONA All Rights Reserved.